忍者ブログ

06 2018/07 2 3 4 5 6 7 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 08
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[03/10 イダミノル]
[03/09 タカユキ]
[03/09 タカユキ]
[10/05 イダミノル]
[10/05 コジマタツヤ]

07.08.00:01

キンビスライブ終演御礼!

このブログを応援⇒にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岐阜情報へ

今宵キンビスへお越し下さいましたお客様ありがとうございました。出演者の皆さんありがとうございました。

セットリスト
①ミュージック
②ロードラナウェイ
③ドラマ
④あなたの手
⑤アロワナ
⑥サラバ
〜ありがたきアンコール〜
⑦大漁旗をなびかせて

出演者の皆さんのそれぞれの今を感じられる時間で、それぞれあるから面白いんだな、人って。と思った夜でした。キムさん、いつもありがとうございます。
今後の予定が定まらないので、まだ次回ライブは未定ですが、ありがたいことにお声をかけていただいております。そんなあなたにありがとう。それでは、またお会いしませう。
PR

07.01.09:03

ワーキンライブ終演

このブログを応援⇒にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岐阜情報へ

昨夜、岐阜Bar Workin'へお越し下さいましたお客さまありがとうございました!イダケンジナイトも早いもので15回目を迎えました。今回は三重の強者、剛兵太さんがゲストでした。兵太さん、ゴトウケンジさんありがとうございました!

セットリスト
①ミュージック
②Rock'n'roll BANG!
③アロワナ
④目覚めのブルーベリー
⑤酒と文旦マーマレードと
⑥ドラマ
⑦大漁旗をなびかせて
ありがたきアンコール
⑧サラバ

熱気ムンムン、ていうか暑すぎる店内。エアコン冷房力のキャパを完全にオーバーして、且つ酸欠ライブ。入れないお客さんもいて、すみませんでした。それくらい、満員御礼という言葉が飛び交う状況に感謝。ケンジ氏が汗だくで歌って、スイッチオン。彼はテキーラでエロケンジに変貌を遂げた。ケンジに乾杯!兵太氏も汗だくで歌う。驚愕のライブ、三重に剛兵太あり。記憶という爪痕をバッチリに残す。そして、私。もちろん汗だく。いい感じでバトンがまわってきたので、それを受けて、今世紀最大のライブ。昨夜の2時間、いい時間だったとお客さんが思ってもらえたら嬉しいな。
最後にマスターたけさん、昨夜もサイコーでした。

06.12.21:32

コードレス

このブログを応援⇒にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岐阜情報へ

ママが壊れた。いや、ハルミは昔からだ。違う、そう、マウスが壊れたのだ。
そして、新調したのがコレ。

コードレスマウス。最近はBluetoothという機能で見えないコードで使えるものが増えてきた。車でもハンズフリーで電話が出来ちゃうし、iTunesからも簡単に音楽飛ばせちゃう。便利だ。確かに便利だけど、私は覚えている。中学生の時にタワービデオにCDを借りに行き、カセットテープにマイベストを保存した夏を。そして、車の中でひん曲がって聞けなくなったお盆明けの日のことを。
どちらが良いかはわからないが、この一手間がアイラブユーかもしれない。


06.10.18:21

食生活

このブログを応援⇒にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岐阜情報へ

最近は専ら野菜が食べたくなる。昔は野菜が嫌いでほとんど肉食であったし、朝飯を食べず缶コーヒーとタバコだけで夕方まで過ごしたものだった。単に金がないということも理由であったが、今思うと、結局今だって昼飯代だけ平日は使っているだけだから、そんなに変わらない。徐々に朝起きるのも早くなった。休みの日は早く起きないと損した気分になるし、土曜日に至ってはサワコの朝を見ることが楽しみの一つである。なんでおじさんは起きるのが早いのだと思っていたが、時間の使い方がというか、楽しみ方を覚えたのかもしれない。

長生きしたい訳ではないがご飯を美味しいと思って食べれる時間を長く続けたいものである。

06.07.22:27

車窓から

このブログを応援⇒にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岐阜情報へ

全国を色々と旅させていただいて、それぞれの土地に歌い手達が根付いていることに気づく。そして、そこにはそれぞれ生活があって、ドラマが毎日繰り広げられている。青春18 切符で目的地へ向かう中、思ったことがある。ああ、この車窓から見える一軒一軒にドラマがあるんだなと。考えてみれば当たり前のことなんだけど、そう思った。どの風景もそこでしか見れないのだと。そう思っている私も主人公である。人生とは想像を楽しむものかもしれない。