忍者ブログ

09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[03/10 イダミノル]
[03/09 タカユキ]
[03/09 タカユキ]
[10/05 イダミノル]
[10/05 コジマタツヤ]

04.17.15:42

2016年発売アルバム2枚目「打」 歌詞カード

このブログを応援⇒にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岐阜情報へ

1.ブルーズトレインに乗って
ブルーズトレインに乗って
今夜 発車しよう
隣は君がいいな
そうさ 特等席さ
くだらない話 そういつもの話
君に今夜も聞かせたい
とびきりのブルーズを

ブルーズトレインでノッて
君に発車しよう
こっそり持ち込んだ
赤ワイン 飲めば良い
ディナータイムはそうだな
Gifu city あたりのイカしたナンバー
かけてスィートなブルーズを
Oh いつでも Soどこでも
駆けつけれるのさ
流した涙は 
きっと星になって 君にブルーズを届けるのさ


2.Darling
ねえ ダーリン  君に会いたかったんだ
おれの話を聞いておくれよ
ねえ ダーリン  Oh  ダーリン
ねえ ダーリン
ねえ ダーリン  俺の大事なあの娘が熱を出してうなされてるんだ
地図を書き直す暇があるなら
薬局行ってくれよ  ダーリン
ねえ  ダーリン   死んだ爺さんが言ってたよ  『お国の為なんてクソ食らえだ』
90過ぎても彼女と暮らして
老衰で逝ったよ  ダーリン
ねえ ダーリン   テレビがデジタルになっても  何も変わりゃあしないじゃないか  
Oh ダーリン  だけど選挙にゃ行くぜ  ダーリン
Oh  ダーリン  ねえ ダーリン
ねえ ダーリン  君に会いたかったんだ
おれの話を聞いておくれよ
ねえ ダーリン  Oh  ダーリン
ねえ ダーリン
ねえ  ダーリン  素敵な映画を観たんだ  そこには名誉も地位も無いんだ  
黄色ハンカチも無かったけれど  何か泣けてきたよ  ダーリン
ねえ  ダーリン   昔は悪だったヤツが   ネクタイしめて汗かいてんだ
冷やかしついでに笑っちゃったけど   妙に嬉しかったよ  ダーリン
ねえ ダーリン  俺の大事なあの娘が喉もカラカラ  干からびてんだ
 よそに渡せる金があるなら
(無駄なもん買う金があるなら)
お茶を買って来てよ  ダーリン
ねえ ダーリン  君に会いたかったんだ
おれの話を聞いておくれよ
ねえ ダーリン  Oh  ダーリン
ねえ ダーリン


3.ファンクDEレインボー
ファンクDEレインボー
君の腰つき
ファンクDEレインボー
眠らないバックボーン
 
微睡む眼   妖艶アテンダント
 
ファンクDEレインボー
浮気な唇
ファンクDEレインボー
絡み合うお手々
 
キス  キス  キス  キス
止まらないフレーバー
 
忘れたまま記憶の予感
感じているわかってるくせに
ホテル街の妖しいネオンに
欲望のヘビが牙を向ける
 
 一か八か危険なアドリブ
欲しがってる笑ってない笑顔
乱れたまま湿ったシーツ
初めて知った麝香の香り
 
 ファンクDEレインボー
止まらない腰つき
ファンクDEレインボー
終わらないレインボー
ファンクDEレインボー
三番搾り
ファンクDEレインボー
君とレインボー・・・


4.抱きしめるぜtonight
やっぱり君に逢いに行こう
止められないのさ 誰にも
Oh baby 
君を抱きしめたいtonight
ちゃっかり君にプレゼント
旅の途中で買ったのさ
Oh baby
君に渡すのさtonight
すました顔で気にしてない素振り
僕がいないと泣いちゃうくせに
甘えん坊で いつでも強気
それで良いのさ それが良いのさ
こっそり隠れて驚かそう
抜き足   差し足  忍び足
Oh baby
君の驚く顔見たい
そしたら僕にプレゼント
ほっぺいつものキス一つ
Oh baby
君を抱きしめるぜtonight
明日も君に逢いに行こう
止められないのさ
誰にも
Oh baby
君を愛してるぜtonight


5.真夏やけど
真夏の太陽 君と走る砂浜
アッチチのチで足の裏 ヤケドしそう
君の後ろ姿に見とれちゃう
手に持つアイスクリームもとろけちゃう
「そう言って アナタはいつでも
お隣のお尻を見ている
知ってる・・・WAO!!」
baby in the sun
君と二人でいつも一緒にいたいのさ
baby in the sun
ちょっと小粋なダンスを踊って
baby in the sun
この手  合いの手 優しい目で見守って
baby  in  the  sun
そんで  たまにはルーズにきどって
真夏の太陽 君と走る砂浜
アッチチのチで そこら中ヤケドしそう
かわいいお尻フリフリ見てないよ
ピンクのリボンついてたの知らないよ
そうやって僕らは冗談言い合って
二人で笑って過ごして来たのさ
これからもずっとそうしてくんだぜ
真夏やけど タンポポのように
将又 コスモスのように
真夏やけど フリージアの花のように
そして、いつかきっとヒマワリの花のように
「そうやって アナタはいつでも
その場しのぎの言葉を並べて
腹立つ・・・WAO!!」
baby in the sun
君と二人でいつも一緒にいたいのさ
baby in the sun
ちょっと小粋なダンスを踊って
baby in the sun
この手  合いの手 優しい目で見守って
baby  in  the  sun
そんで  たまにはルーズにきどって

アチッチ....
燃えてるんだろうか?....


6.十六夜に笑う月
声をからして歌っていれば
いつか誰かに届くという
聞いたことあるセリフの魔力に
イカれた輩が今宵も歌う
喜怒哀楽を繰り返す日々さ
それが新しい詩へのネタへ
手探り弄り これまたびっくり
術を知るほど器用じゃないぜ
目にも見えない  よくもわからぬ
幻想という名のまやかし小径
だけどまあ たいしたもんだろ
馬鹿の一つ覚えも筋はあるぜ
指を刻んで  足を鳴らして
体が勝手に揺れるのなら
それはそいつを気に入った証拠さ
そこのさアレ、買っておくれ
声をからして歌っていれば
いつか誰かに届くという
聞いたことあるセリフの魔力に
イカれた輩が今宵も歌う
十六夜に笑う月よ
昨日のこと、覚えているか?
そうかそうだな、終わったことさ
またアンタに会えたらいいな
PR

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら